マカ、MACA、私の体験上、これは、最高の体力、精力増強健康食品だ。


マカは2000年も前からインカのインディオ達により栽培された。

マカはダイコンやカブと同じアブラナ科の植物です。

日本ではマカ、またはアンデスの人参とも呼ばれています。

形は日本のカブに似ていて、食用とされるのは塊茎の部分です。

塊茎の色は品種によって異なり、白、黄色、ピンク、赤、紫、黒などさまざまです。

一般栄養成分に差はありませんが、その中でも、濃い紫色をしたマカモラーダがペルーでは珍重されています。

生のマカはとても辛く、二十日大根に近い味がします。

マカはアンデス山脈の荒地にしか生育しない貴重な植物で、2000年前にインカの原住民によって栽培されるようになったといわれています。

 マカは貴重な栄養源として珍重されてきた


マカには人間や動物の繁殖能力を高める作用があると長年言い伝えられ、実際に利用されてきました。

インカ帝国時代には、主に戦いのあと、功績のあった人や権威を認められた部族に与えられたといわれています。

厳しい自然環境の中でスペイン人がインカ帝国を征服した陰には、マカを栄養源としてうまく利用したことがあったといわれています。

スペインがインカ帝国へ侵攻した当時、スペイン人が連れてきた馬がアンデスの厳しい環境に慣れることが出来ず、子供を作ることなく死んでいくという問題を抱えていました。

スペイン人はアンデス山脈の高地に近づくにつれて、非常に体格の良いインカ人が多いことを知り、それがマカによる効果であることを知りました。

そして、原住民のすすめで馬にマカを食べさせた結果、馬が絶滅する危機を防ぐことが出来たという記録が残されているそうです。

マカは厳しい自然環境の中で生きぬく人々の貴重な栄養源であり、スタミナ源でもあるのです。

アンデス山脈の高地に住む人びとによれば、マカを摂取する人は、頑健、長寿で、理性に富むといわれています。

 マカは標高3000〜4500mの高地で育つマカ

マカは、約2000年前のプレインカの時代には既に栽培されていました。

マカはペルーの高地に居住した村人たちの重要な食物でした。

マカは強烈な紫外線と酸性土壌で、しかも夏でも気温が昼間20℃夜間はマイナス15℃の温度差の厳しい自然環境の中で育つ植物です。

「豊かな土壌」、そして「太陽の恵み」、これらの自然の恵みを、たっぷり浴びて、マカは豊富な栄養をその身に蓄えて成長するのです。

また、その豊富な栄養をあらわす話として、マカを一度栽培すると、その土地を8年間枯渇させるほど、土から栄養価を奪ってしまうという言い伝えがあります。

大地のあらゆる栄養素を凝縮して一身に取り込むからなんです。

マカ収穫後はヒツジなどの家畜を飼います。6、7年休んだ土壌には家畜の堆肥が充分になじみ、また栽培を始めるという完全な有機無農薬栽培
です。

 マカはNASAが認める奇跡の植物

インカ時代の戦士

アメリカのNASA(アメリカ航空宇宙局)は、宇宙飛行士の食料としてマカを採用しています。最先端科学のシンボルNASAがマカに注目、体力・集中力の維持が不可欠な宇宙飛行士が愛用していることから世界的な脚光を浴びました。

「宇宙飛行士のような重要かつ危険な任務には、常に体調を維持し、頭脳を明晰にし、反射能力を最高の状態に維持する必要があり、マカはこうした条件にかなった食品だ」というのがその理由だそうです。

マカは、貴重な植物であったがゆえに、さまざまな伝説が残されています。

戦士に出されたマカ禁止令・・・・・インカ帝国時代、マカは戦士の活力源だったといわれていますが、その反対に、戦士がマカを食べることを禁じていたという説もあります。

その理由は、マカを食べ過ぎると精力がつきすぎ、侵略地の婦女子を襲うおそれがあったからだそうです。


MACA(マカ) 360粒


さらに詳しい情報はコチラ≫



  健康食品 サプリメント 欲しい情報がここにあります。

posted by ジョージ at 09:22 | マカ MACA

健康食品サプリメント欲しい情報がここにあります。のトップページへ

Google