健康に暮すには水はどれくらい飲めばよいのか?


水はどれくらい飲めばよいのか?


 私たちの体の約75%が水分で出来ているのは誰でも知っているでしょう。

脳の85%、血液の90%、筋肉の75%、腎臓の82%、骨の22%が水分で出来ています。

通常、成人は呼吸するだけで一日2.5リットルの水を消費しているそうです。

身体全体の水分の5%が失われると、健康体の人の場合、倦怠感や、不快感といった症状に現れます。

幼児ならば脱水症状に陥ります。

老人では、電解質のバランスが崩れ、生体内の化学物質に異常が起きます。


 老化現象として典型的なのは、しわや、無気力、意識障害などですが、持続的に水分を供給しないと、老化が早まり、色々な病気を引き起こします。

老化防止に水分補給が欠かせないのはそのためです。


 脱水症状を起こした体では、細胞組織が血流から水分を奪い取ります。

すると心臓に負担がかかり、同時に腎臓も血液を透過できなくなります。

腎臓の機能が低下すると、肝臓やその他の臓器が、腎臓の負担を肩代わりし、ますます重篤な状態に陥る、という悪連鎖構造に入ります。


 具体的には、便秘、乾燥肌やかゆみ、にきび、鼻血、尿路感染、咳、いびき、鼻づまり、頭痛などの諸症状に悩まされます。


 昔からよく水をたくさん飲むのは体に良い、言われていますが、では一体どのくらい飲むのが良いのでしょうか?

あなたに合った最低摂取量は体重から計算できます。

計算方法としては、体重1Kg当たり33CCを飲めばよいということです。


例えば、体重60Kgある人の場合、約2リットルの水を飲んだらいいよ、という目安です。


                情報提供バムルンラード・インターナショナル(タイランド)




posted by ジョージ at 18:54 |

健康食品サプリメント欲しい情報がここにあります。のトップページへ

Google